新しい賃貸での生活なら

賃貸契約時に加入する火災保険

賃貸住宅の部屋を借りるときには、初期費用として家賃の数か月分のお金が必要になります。その中には火災保険の保険料が含まれていることがあります。不動産会社などから加入を求められることが多いですが、なぜ加入しなければならないのでしょうか。

そもそも、賃貸住宅自体には大家や不動産会社が火災保険に加入しています。もし火災で建物に損害が生じた場合、保険金が支払われることになります。ならば入居者が入る必要ないじゃないかと考える人がいるかもしれません。ですがこの保険では、入居者が持ち込んだ家財については補償してもらえないのです。そのため自分の家財の損害に備えて保険に加入しておく必要があるのです。

また自分が火災を起こした場合、過失がなければ他の入居者に対して損害賠償する必要はないことになっています。これは失火法という法律があるからです。しかし大家に対しては、退去時に原状回復して部屋を返さなければならないことになっています。そのため、火事で燃えた部屋を直さなければならず、その費用のために加入しておく必要があります。

優良ブックマークやその他おすすめ

Copyright 2017 新しい賃貸での生活なら All Rights Reserved.