新しい賃貸での生活なら

賃貸に住んでいて思い出に残っていること

私が結婚して賃貸マンションに住んでいた頃は、これまで暮らしていた、一戸建て住宅と違う点がとても新鮮でした。まずは当然のことながら、壁一枚隔てた隣は別のお宅なので、かなり距離が近く感じるということです。割と防音がしっかりしていたのか、冬場はあまり音漏れがありませんでしたが、夏場になって窓を開け放す時期がくると、ドタバタと走り回る隣家の子供の足音が聞こえます。洗濯物を外で干していても、すぐ近くで隣人の気配がして、びっくりしてしまうこともありました。

また私が住んでいたマンションの近くには、似たようなタイプの賃貸がとても多く、廊下が外を向いているため物音が大きく響き、子供が部屋から閉め出しされて謝りながら大泣きする姿を、ベランダから目撃したこともありました。ワンフロアなので、一戸建てと違って二階や一階を頻繁に行き来することもなく、便利だったことや、集合住宅のため冬は暖かく過ごせたりして、良いところも多かったです。

Copyright 2017 新しい賃貸での生活なら All Rights Reserved.